投資信託のデメリット

投資信託を購入するに当たって、何に対してもそうですがメリット・デメリットというのは常に付きまとってきます。それをきちんと理解したうえで何でもやるということが大切なことだと思います。

ここでは投資信託におけるデメリットについて説明してみたいと思います。

投資信託のデメリットのひとつとして、小額で投資できるというメリットはあるけれども、手数料がその分割高になってしまうというデメリットがあります。
これは小額で購入しても高額で購入しても管理に必要となるコストというのは変わらないということになりますの。例えば1万円の資金に対しても10万円の資金に対しても手数料が1000円だとした場合、1万円の小額の手数料は10%、10万円の資金に対する手数料は1%というように差が出てきてしまうということになるのです。
ですから、小額で投資した場合には不利益な事となってしまいます。

こう考えると、投資信託において小額で始められるというメリットがあるにしてもやっぱり高額投資できる人のほうが有利に事を進められるということが分かると思います。

手数料だけで判断をしようとすると、株式を購入する場合は安いところだと手数料0.1%位のところもあるので、投資信託の3%という手数料はかなり高いということになってしまいます。

もしかすると、小額でも自分で銘柄を選択したり、ポートフォリオを管理したり出来る人の方が有利になってしまいますので勉強を常に心がけるようにしたほうがいいと思います。