投資信託の基準価額

投資信託における「基準価額」というのは、追加型の投資信託を販売したり、購入したりする場合にベースとなる価格の事を指しています。営業日ごとにルールにそって計算され算出されています。基準価額が決定されるのは東京証券取引所が終了した後の午後7時ごろだということです。この計算された結果が翌日の朝刊に掲載されている値になります。
ちょっとその基準価額の計算方法をご紹介してみたいと思います。
「基準価額=純資産総額/総口数」
です。

この場合の純資産総額は資産から負債を引いた値になります。
この負債というのは、未払い金や未払い収益分配金、未払い委託報酬などが含まれているものになります。この分配をすることにより純資産額というのが減少する可能性もあるので、基準価額が高いからと言っていい投資信託とは限らないということになります。

ここでちょっと余談ですが、「基準価額」と「基準価格」というのは似ている言葉で多くの人が同じ意味を持つ言葉なのではないかと思うのですが、全然違う言葉です。よくインターネットで検索をかけるときに「基準価格」というように検索される場合が多いようです。正解は「基準価額」ですのでお間違えの無いようにきちんと覚えるようにしましょう。

しかし、ご安心ください。こういった間違いもきちんと対応できるようにインターネット上の検索エンジンでは「基準価格」も「基準価額」とみなして検索しているようになっているようです。